大きなキズにはメーカーのサポートが必要

良い品質の機械式時計は、毎日身につけておきたいものです。しかし、日常生活の中でうっかり時計をぶつけてしまって、キズをつけてしまう事がよくあります。キズの対処法としては、大きなキズの場合にはメーカー修理が必要となるかもしれません。機械式時計の販売店やメーカーの顧客窓口に問い合わせると、時計修理のサポートが受けられます。大きなキズをそのままにしておくと、錆ついてしまうということもあるため、対処を必要とするでしょう。

宅配修理も可能!?修理業者でキズ修復

機械式時計の分野では、時計の修理を引き受ける修理専門店も存在します。比較的小さなキズであれば、修理業者に依頼して修理してもらうというのも方法ですね。機械式時計の修理業者が、近くに存在するかどうかが重要です。あるいは宅配修理サービスにより、時計の修理を引き受けてくれるような業者を利用するというのも方法です。修理工の技術を持ってすれば、多少大きな時計のキズであっても、跡ができるだけ分かりにくくなります。

自分でも直せる?コンパウンドで研磨の方法

ごくかすかな機械式時計のキズであれば、所有者自身で修復することが可能であるかもしれません。細かな研磨用の粒子を含んだコンパウンドを用いると、微細なキズであれば綺麗に消す事が可能です。ただし、強い力で擦ったり、汚れが付着していると、かえってキズが多くなるといったこともあるため、慎重な作業を必要とします。費用をできるだけかけないという点で、研磨材を用いて自ら機械式時計のキズ修復を行うのもいいでしょう。

スイスの高級腕時計メーカーの1つであるパテックフィリップは、職人さんが1つ1つ手作りしているのでとても高級な物で精巧です。